進化といえるか

iPhoneには、顔認証になる前に、指紋認証がありました。Touch IDですが、ホームボタンに指をあてるだけでロックを外すことができる機能です。これがなくなりFace IDに変わりました。これが進化といえるかどうかが問題点でもあるでしょう。

実際に機能的な利便性を見れば、ほとんど変わらない使い勝手であるといえます。暗い中でも、赤外線カメラのおかげで、顔認証を可能としているため、なにも使い勝手は変わらず使うことが可能です。この機能を生かすために、顔をぐるっと映像化することが必要になりますが、立体視することによって、写真では反応しないようにすることができています。

Touch IDには、いろいろと問題があったことも確かです。指紋認証ですから、手袋をしていれば反応しません。雨でぬれていても、はっきりと反応しなくなるでしょう。これは、使っている間に不便と思われることも多かった面です。単に瞬間的に使うのなら問題はありませんが、長期的に利用することを考えると、Face IDは大きな進化を遂げた部分といっていいでしょう。

セキュリティの概念のひとつとして、使いたいときに使いたい機能を利用できることがあげられます。Face IDは、iPhoneのもつセキュリティを大幅に引き上げ、便利なものに変えていったといえるでしょう。