認証レベルの高さ

iPhoneのFace IDがここまでの機能を発揮することができているのは、A11チップがもたらす機能のおかげです。ひたすらに学習しながら機能を発揮していくことができるように進化したため、顔の形状を読み取っていくことが可能です。機種としての進化もありますが、数年前のiPhoneに比べて、処理能力が驚くほど向上しているため、これほど複雑な情報も分析ができるようになったといえます。

機能のすごさとしては、奥行きも判断しているところにあるでしょう。単純に考えることですが、写真をカメラの前に出した時に認証ができるかどうかです。Face IDの場合には、デバイス上で判断するだけではなく、顔をマップ化して判断するため、写真では奥行きがないことで同一人物と判断しません。この辺りの性能の高さがあるからこそ、安心して使うことができるでしょう。

高いセキュリティを保つことができているからこそ、Apple Payでも使用できるようになりました。決済の時に見つめるだけで利用することができるのは、素早い判断になりますし、高いセキュリティを保てます。他の人に使われたりする危険性も下げられるのは、これから先のことを考えても、iPhoneを使い続けていくメリットにもなっていくでしょう。